Comparative Genomics - Sakakibara Lab

Comparative Genomics - Sakakibara Lab


Comparative Genomics

がん解析

発がん過程の経時的トランスクリプトーム解析

「多段階的発がん過程」と呼ばれる発がん過程では、Hras変異により上皮細胞が段階的にがん機能を獲得します。 そこで、各段階における発現差異をとらえるため、当研究室では「経時的なトランスクリプトーム解析」を行っています。 また、時系列データを高精度に分類するクラスタリング手法を開発しており、研究に採用されています。

cancer_1

RNA-Seqを用いた肺腺がん悪性化過程の解析

肺腺がんでは、正常な肺に原発巣が生じ、脳に転移することで悪性化します。 がんの悪性化を解析するオーミクス解析手法として、ゲノム解析による変異検出、トランスクリプトーム解析による発現差異検出が挙げられます。 当研究室ではRNA-Seqを用いた網羅的な解析により、変異遺伝子と発現差異遺伝子の相関を比較し、遺伝子制御ネットワークの解明を目指しています。

cancer_2

▲ Page Top